fbpx
居酒屋豆知識

鶏肉の希少部位のハラミとは?味や食感は?

  • コピーしました

焼き鳥屋さんに行くと、個人的には「鶏ハラミ串」はよくオーダーします。

その理由は、味はもちろんですが、

鶏のハラミがもっている独特の食感が

酒のおつまみにマッチするからです。

そこで今回は、鶏のハラミの部位や味、食感について紹介します。

それでは、鶏ハラミの部位は、どの部位なのでしょうか?

また、味や食感はどうなのでしょうか?

鶏のハラミはどこの部位?

鶏のハラミは、

鶏の内臓をガードしているいわゆる

横隔膜に相当する部位になります。

農水省が定める食鶏取引規格では、

はらみ(腹筋)は、腹壁の筋肉(腹肉)と記載されています。

厚さは、5mmくらいの筋肉の膜で、

1羽から数gしか取れないようで、

まさに希少部位といことになりますね。

具体的には、腹部の「ヤゲン軟骨」から

腰後部の皮にかけて、

内臓を包むように両わき腹にあります。

鶏のハラミの味や食感は?

一見薄い皮のように思えますが

「内臓を包む」というその役割から

肉質は見た目以上にしっかりしていて、

ジューシーな味わいがあります。

ハラミは筋肉質なので、

肉と言うよりホルモン的なコリコリとした独特な食感で、

別名「貝の身」とも呼ばれています。

食肉の分類上は正肉ではなく、副生物(ホルモン)に入ります。

鶏ハラミを使用した人気料理は?

鶏ハラミ焼き(塩焼き)や鶏ハラミの唐揚げ、鶏ハラミのネギポン酢などのようです。

個人的におは、シンプルに塩コショウで焼いたものがいいですね。

あとは、レモンを絞ったりネギを加えたり工夫次第で色々できます。

もちろん、ビールのあてには最高です。

  • コピーしました