fbpx
居酒屋豆知識

鶏の手羽先や手羽中、手羽元の違いや部位、食べ方は?栄養成分、効果効能、カロリーは?

  • コピーしました

鶏の唐揚げといえば、日常の食卓やお弁当のおかずなどで人気の鶏料理ですね。そこで今回は、鶏の手羽先や手羽中、手羽元の違いや部位、食べ方、栄養成分、効果効能について紹介します。

鶏の手羽先や手羽中、手羽元の違いと食べ方は?どこの部位?

手羽先は、鶏肉の羽の先の部分で、関節から折れ曲がったL字型の見た目が特徴です。鶏の手羽先には、ゼラチン質(コラーゲン)と脂肪が多く肉は少なく、唐揚げ(垂れを塗って塩,胡椒,胡麻等を振り掛けたパリパリの食感)や煮込み以外に、味が濃厚なので出汁にも適しています。手羽先には元々しっかりした味やコクがあるので、本来の旨味を生かすシンプルな塩焼きがマッチします。

 

手羽中は、手羽先の一部で、先端部を関節より除いた部分です。また、手羽中はスペアリブと呼ばれることもあり、適度に脂が乗った柔らかい肉質が特徴です。手羽中は、手羽先の先端部分を切り落とした部分なので、手羽のなかでも可食部が多く、食べやすいのが特徴です。煮物や骨の端に肉を袋状に丸く裏返したチューリップ(チキン)は唐揚げ等にします。

 

手羽元は、ウイングスティックともいわれ、胸肉に近く脂肪が少なく、ふっくらとしたボリュームのある見た目が特徴です。から揚げ(骨付き唐揚げ)や煮物,炙り焼き等にして食べます。

人と対比すると肩から肘までが手羽元で、肘から指先まで(腕の部分が手羽中)が手羽先に当ります。

鶏の手羽先や手羽中、手羽元の栄養成分、効果効能とは?

鶏の手羽先には、ビタミンやミネラル、タンパク質などの栄養が含まれていてます。

そのため、「免疫力アップ」「疲労回復」「高血圧の予防」「貧血の予防」「目の健康維持」「骨や歯の健康維持」「精神の安定」「老化防止」「美肌効果」などの健康効果が期待できます。

 

鶏の手羽中は、手羽先から特に脂肪の多い羽先部分をカットしているので、手羽先に比べてカロリーや脂質が低くなります。

 

鶏の手羽元は、よく動かす部分の肉になります。そのため、鶏の手羽元は筋肉質で脂肪が少なく、手羽の中では最も脂質やカロリーが少ないヘルシーな部位になります。タンパク質も手羽先よりわずかに多く含まれるので、ダイエット中の方は、手羽先より手羽元を選ぶと良いのではないでしょうか。

手羽先、手羽中、手羽元のそれぞれ1本あたりのカロリーって?

気になる手羽先、手羽中、手羽元のそれぞれ1本当たり(1本40gとした場合)のカロリーについて紹介します。

・手羽先:105Kcal
・手羽中:84Kcal
・手羽元:75Kcal

手羽先のカロリーが一番高く、次に手羽中、そして手羽元のカロリーが一番低いようです。

ただし、上記カロリーは手羽自体のカロリーです。実際に食べる手羽は、唐揚げや照り焼き、焼き鳥などで食べるので、実際に気にしなければならないのは、調理後の手羽のカロリーになります。

  • コピーしました
今日の人気記事ベスト5
  新着情報
居酒屋食材カテゴリー
タグ