fbpx
居酒屋豆知識

秋鮭や紅鮭、銀鮭の特徴やおすすめ料理は?栄養成分の効果、効能は?

  • コピーしました

一年を通じて食べられる鮭ですが、鮭とひと口に言っても、白鮭(秋鮭)、紅鮭、銀鮭、アトランティックサーモン、トラウトサーモンなど、実は様々な種類があります。ちなみに、日本(主に北海道から東北地方)の川に遡上するのは白鮭だけで、秋にとれる白鮭を「秋鮭」と呼んでいます。

というわけで、日本で鮭と呼ぶ場合は、白鮭のことで、秋鮭は秋に獲れる白鮭のことというわけです。

ちなみに、鮭の呼び方は「サケ」と「シャケ」と2種類がありますが、どちらでもいいようです。敢えて言えば、海や水族館などで泳いでいるのは「サケ」で、スーパーなどの棚に並んでいるのは「シャケ」という感じのようです。

秋鮭とは?特徴やおすすめ料理は?

秋鮭は、秋(9~12月)に産卵のために故郷の川に戻る鮭のことです。
秋鮭の特徴は、脂が少なくオスには白子、メスには卵(筋子)を持つことです。
そして、秋鮭の身は新巻鮭に加工されたり、卵はいくらに加工されます。
秋鮭は脂が少ない分、バターを使用したムニエルやホイル焼き、フライ料理など油を使う調理にオススメです。

紅鮭とは?特徴やおすすめ料理は?

紅鮭は北太平洋に生息し、日本ではほとんどとれない鮭です。
ロシアやアラスカなどからの輸入のものがほとんどです。
紅鮭は産卵期を迎えると、身が真っ赤になることから紅鮭と呼ばれ、
適度に脂がのっているのでスモークサーモン、ルイベ(凍った魚を薄切りにしたもの)などに加工されたり、焼鮭にオススメです。

銀鮭、アトランティックサーモン、トラウトサーモンとは?特徴やおすすめ料理は?

紅鮭同様に銀鮭も日本近海ではとれない鮭で、スーパー等で見かけるのはチリ産がほとんどです。
銀鮭は、脂がのっているので、焼き物、煮物、蒸し物、鍋物、スープなどにもおススメです。
アトランティックサーモンはノルウェー産、トラウトサーモンはチリ産が流通しています。
そして、脂がよくのっているので、お刺身や寿司ネタにもおススメです。

 

鮭の栄養成分と効果、効能は?

鮭は女性に人気ありますが、その理由は「美肌」サポートにあります。
つまり、鮭には、ビタミンA、E、タンパク質、コラーゲンなどを含んでいるからです。
鮭には、抗酸化作用を持つ、赤い色素のアスタキサンチンを多く含むので、
アンチエイジング、美肌、シワ・シミの予防などの効果が期待されています。
また、美肌面だけではなく、脂肪燃焼を促進するなどのダイエットサポート効果も期待できます。

最後に、鮭の皮の部分にコラーゲンが多く含まれているので、
皮までパリッと焼きあげると、美味しくいただくことができます。
その際は、レモンをかけたり、ビタミンC豊富な野菜を添えていただくのがオススメです。

  • コピーしました