fbpx
居酒屋豆知識

宮崎地鶏のみやざき地頭鶏の読み方と名前の由来は?お取り寄せ通販は?

  • コピーしました

日本で流通する食用の鶏の種類は、若どり、銘柄鶏、地鶏の3種類に分けられます。若どりとはブロイラーとも呼ばれている肉用鶏で孵化後三ヶ月未満のものをさします。

銘柄鶏とは地鶏のような厳密な規定はありません。若どりと同じ種類の「若どり系」か褐色の「赤系」に大別され、通常の若どりよりも飼育期間を長くしたり、良質なエサを与えたりすることで、味が良くなる工夫をしたものを指します。一般的には地鶏ほど高価ではなく、地鶏と若どりの中間の食用鶏という位置づけです。

地鶏とはJAS(日本農林水産規格)で定義がはっきりと決められています。

日本の食用鶏の出荷比率を見てみると、全体の53パーセントが若どり、42パーセントが若どり系の銘柄鶏、4パーセントが赤系の銘柄鶏、そして地鶏は1パーセントしかありません。

地鶏とは?JAS(日本農林水産規格)の地鶏の定義は?

地鶏の定義による条件とは以下の4つです。

1 在来種由来の血統が50パーセント以上であること。
在来種とは、明治時代までに日本国内で成立したか、導入されて定着した鶏の品種のことで、烏骨鶏や尾長鶏、コーチン、比内鶏、軍鶏など38種類があります。

2 孵化日から80日以上飼育していること。

3 孵化してから28日目以降は、鶏舎の中か屋外で、鶏が床か地面を自由に動き回れる「平飼い」で育てること。

4 孵化してから28日目以降は、1平方メートルあたり10羽以下の環境で飼育していること。

以上、この条件をすべてクリアしたものが、地鶏として認定されます。

宮崎地鶏のみやざき地頭鶏とは?読み方は?

長い期間をかけて育てられた「みやざき地頭鶏」は程よい筋肉量と健康的な内臓が特徴的です。

ちなみに、「地頭鶏」は「じとっこ」と読みます。

みやざき地頭鶏は、宮崎県および鹿児島県の霧島山麓において古くから飼育されていた在来種です。

みやざき地頭鶏の名前の由来は、江戸時代にこの鶏を飼育していた農家の人達が極めて美味しい肉であることから地頭職に献上しているうちに、いつからともなく地頭鶏と呼ぶようになったと言われています。

生産羽数が非常に少ないため1943年(昭和18年)に文部省から天然記念物に指定されました。

自然の大地を駆け回り、のびのびと育ちはバランスの良い身体からくる歯ごたえと噛めば噛むほど広がる鶏の旨味があります。

みやざき地頭鶏開発の歴史は?

◆1985年(昭和60年)
宮崎県畜産試験場川南支場において、宮崎県の地域性を持つ地頭鶏を原種鶏とした「みやざき地鶏」の開発がスタートした。

◆1991年(平成3年)
最初の交配様式が策定され、9件の希望農家を募って1万羽のフィールド試験を開始。
しかし試験を進めていくと産卵率や白色羽装の出現率が多いなどの問題点が見つかり、新たな交配様式が再検討された。

◆1998年(平成10年)
熊本県・大分県・宮崎県の3県で共同開発した新たな地鶏である「九州ロード」が誕生した。これを交配に用いたところ、産卵率と有色羽装率が大きく向上した。
そして新たな交配様式が確立され、ついに「みやざき地鶏」が誕生した。(熊本県の「熊本コーチン」と「天草大王」、大分県の「豊のしゃも」も「九州ロード」を母鶏としている)

◆2004年(平成16年)
商品の違いを明確にするため「みやざき地鶏」より「みやざき地頭鶏(じとっこ)」と命名された。宮崎県当局により親鶏が管理され、生産者を限定し雛鶏を供給している。

◆2008年(平成20年)
みやざき地頭鶏で特許庁より商標登録を受ける。
宮崎ブランド推進本部から商品ブランド産地認定証を受ける。
『地鶏・銘柄鶏食味コンテスト』で優秀賞を獲得。

◆2009年(平成21年)
みやざき地頭鶏事業協同組合を設立。

◆2010年(平成22年)
『地鶏・銘柄鶏食味コンテスト』で優良賞を獲得。
2月10日を「みやざき地頭鶏の日」に制定。
みやざき地頭鶏で特許庁より地域団体商標登録を受ける。

◆2011年(平成23年)
「みやざき地頭鶏普及促進協議会」と「みやざき地頭鶏事業協同組合」の合併により名称をみやざき地頭鶏事業協同組合の統合化を実現した。

◆2012年(平成24年)
独立行政法人家畜改良センター兵庫牧場より公表されている「都道府県における地鶏・銘柄鶏の生産状況(平成24年度)」によると、みやざき地頭鶏の生産は、秋田県の比内地鶏を抜き、徳島県の阿波尾鶏、愛知県の名古屋コーチンに次ぐ地鶏全国第3位となった。

みやざき地頭鶏のお取り寄せ通販は?

みやざき地頭鶏は、通常の鶏肉と同様に調理できます。そして、肉だけでなく、内臓(副生物)も美味しいいただけます。

ちなみに、宮崎県で有名な炭火焼きやチキン南蛮などにも使用されています。

みやざき地頭鶏の肉は、やわらかさの中にも適度な歯ごたえがあり鶏特有の臭みが少なく食べやすくうま味成分がたっぷり入っています。

地元で食べるのもベストですが、ネット通販などでもお取り寄せできるので一度食べてみてはいかがでしょうか。

こちら ⇒ みやざき地頭鶏のお取り寄せ通販

  • コピーしました