fbpx
居酒屋豆知識

ひねどりとはどんな鶏?ひねの意味は?肉質や味、食感、美味しい食べ方は?

  • コピーしました

鶏肉料理として日常の食卓でお目にかかるは、近所のスーパーで売られている若鶏(ブロイラー)がほとんどです。若鶏(ブロイラー)の特徴は身が柔らかいということです。

では、噛み応えのある身が硬い鶏肉ってご存知でしょうか。噛み応えのある鶏肉ということで、「ひねどり」について、どんな鶏でどんな意味があるのか?食感や味はどうなのか?ひねどりの料理レシピについて紹介します。

ひねどりとはどんな鶏?ひねの意味は?

ひねどりとは、ほぼ廃鶏に近い採卵目的の鶏の親鶏のことをいいます。一般によく食べられている若鶏(ブロイラー)は、生後50日前後で市場へ出荷が普通ですが、親鶏の飼育日数は、約750日です。飼育日数から見れば、長生きした鶏(かしわ)ということになります。

それでは、「ひねどり」の「ひね」とには、どんな意味があるのでしょうか?「ひねどり」の「ひね」とは、「古い」ということを意味します。

つまり、採卵目的として卵を産み尽くした頃のメス鶏かなという感じです。「親鶏」「廃鶏」などとも呼ばれ出荷されます。

卵を産まなくなったので、その栄養成分がすべて身に行き渡っているということで、身に噛み応えがあり、噛めば噛むほど旨味が出てくるというわけです。

ひねどりの味や食感は?

ひねどりの肉質は、ブロイラーと比較してかたいお肉ですが、熟成されたうま味成分のグルタミンが豊富で、昔ながらの噛めば噛むほどに美味しい鶏肉です。

さらに言うと、噛み応えがあって、あごがくたびれるほどで、3本食べたら消化不良が心配になるほど硬い肉質です。

といっても噛み切れないほどではなく、噛むうちに鶏本来の味が出てきて、塩味としっくりからまり合うこの奥深さこそが、昔ながらの鶏肉の持ち味といわれています。

ちなみに、ひねどりの皮は、ゴムみたいでとても食べられないようです。

ひねどりの美味しい食べ方は?

ひねどりポン酢

◆材料

・ひねどり:2枚

・塩こしょう:少々

・青ねぎ小口切り:1/2カップ

・すりごま:小さじ2

・ポン酢:1/4カップ

・ガーリックチップ:大さじ1

・すりしょうが:小さじ2

◆作り方

1.ひねどりは繊維を切る様に5ミリほど身に切れ目を入れていき薄めにスライスします。

2.フライパンにオイルを少しひき肉を並べ、下面が焼けたらひっくり返し両面焼けたら塩こしょうし取り出します。

3.お皿に盛りつけねぎ・すりごまをかけて、あとはお好みでにんにくチップを散らしポン酢・すりしょうがなどをつけて完成です。

  • コピーしました